半衿について

今日は 半衿について 語ります。

着物の中で 一番 目に付く 衿元

美しい着付けか・・・そうでないかは 素人さんでも 衿を見たら 分かるはずです。

衿を美しく仕上げる為には、丁寧な下準備が 大切です。

毎年 成人式の着付けの時は、前もって お着物をお預かりし、

お一人お一人の 大切なお着物の 帯の準備と 衿の準備を行います。

衿は クリップやホックで止めただけでは 美しく仕上がりません!!

数ミリのくるいもなく 長さを測りながら 一枚 一枚 縫い付けていきます。 

まずは 長襦袢の衿の高さを測り、次に着物の衿の高さを測り縫いつけます。

重ね衿も クリップでは 止めず 突っ張りながら縫い付けていきます。

着付けた時に 着物の厚さと衿のカーブを考え計算した上で 縫い付けないと

着物より長襦袢の衿が見えたり・・・しわになったりと・・・仕上がり方が

全く 違ってきます。

よって、当 教室では ベーシックコースの最初から 美しい着付けを指導するため

体型に合わせた補正から、衿の縫い付け方を、まず指導していきます。

やっぱり 人前で 恥ずかしくない 着物姿でいたいからですね。

また、白の正絹の半衿もイイけど、柄物の半衿やレースなどの小物を使った

アレンジ・・等 是非 挑戦してみませんか・・? 

衿を 変えただけで イメージがガラッと変りますよ

受講生が着付けられた美しい衿元をご覧下さい。
e0161697_934361.jpg

色々な半衿。レースを重ね衿に付けても可愛い
e0161697_937611.jpg
e0161697_9391978.jpge0161697_9352886.jpg
by tokiwa-kitsuke | 2009-01-08 10:15 | 帯結び手順・着物豆知識 | Comments(0)

福岡市のヘアメイク着付専門店!レトロモダン・アンティーク着物レンタル中。プロが学ぶ骨格着付けスクール&ヘアメイクスクール開校


by KIMONO浪漫
プロフィールを見る
画像一覧